The Change

The Change とは

人生の変化を約束する、心理プログラムです。

The Changeプログラムは、自分のやりたいこと、自分が避けてはいけない真の課題へと行動できる自分に変えてくれます。

多くの人は自分が本当にしたいこと、好きなこと、真にやらないといけない課題を行うのではなく、日々の雑事や娯楽や人の噂話や仕事…へと「逃避」をしています。

そう、ワーカーホリックという言葉がありますが、人は仕事ですら逃無意識に「逃避」の道具に使っています。

しかし、真の自分の課題である「家族や家庭」を顧みず仕事をしても、内部的罰があなたを襲います。人それぞれ「課題」は違いますが、このことをChange語では「逃避」「人生の浪費」と呼んでいます。そして「内部的罰」これもそうです。

The Changeでは、自分の現在の状態、これからどうすれば良いのかを「Change語」で認識し、説明できる自分になるようトレーニングをしていきます。

The Change語、プログラムの習得 → 現状認識 → 真の課題の発見 → 行動 → 解決

「痛いけど効く」

これがThe Changeです。

まずは、あなたがこれを習得して下さい。そうすれば、今までと必ず世界が違って見えます。

そして、次はThe Changeをあなたが人に伝え世界を変えていって下さい。

そして最終的に、この考え方が当たり前の世の中になれば、世界は必ず変わります。

共に活動していきましょう。

The Change

The Change Vision

The Change 理念

The Change

​メンタルヘルスの平準化

1.The Changeプログラムを改善し続け、必要としている人に伝えていくこと

2.プログラムを伝えていく技術を平準化し、伝えていく人を育成していくこと

3.全国にメンタルのインフラを構築していくこと

The Change

The Change Vision 1

The Changeプログラムを改善し続け、

必要としている人に伝えていくこと

The Change

The Change Vision 2

プログラムを伝えていく技術を平準化し、

伝えていく人を育成していくこと

1.The Changeのマークとロゴ、呼称権

ご自身のビジネス、肩書き、名刺、Web、HP、ブログ等でご自由にThe Changeをお使いください。

 

2.認定証、IDカード授与

 

3.コンサルタント資格者、一人ひとりにLPを作成します

 

4.コンサルティング、コーチングをご自身のクライアントに出来ます

LPを活用していただき、SNSやご自身のHP、口コミ等で集客をして下さい。本部でも、もちろん紹介をさせていただきます。 The Change HPでもコンサルティング、コーチングの受付をします。TELまたはメールで受付をします。

(仮)7,000円/1時間

 

5.The Change Goodsが購入できます

リーフレット、ステッカー(看板)、名刺 等

6.The Change ネットワークに参加

資格取得後、The Changeの会員となっていただきます。

FBグループ、The Changeのコミュニティに参加できます。The Changeのメンバーが持つ人脈を積極的に共有できます。

7.定期勉強会に参加、メルマガ

毎月の定期勉強会に参加できます。

また、動画で行われるセミナー、e-learningにも参加できます。

動画は毎月、アーカイブされいつでもデバイス等で見られる状態にしていきます。

情報はメルマガで届きます。

 

8.コンサルタントからさらに上位の、トレーナーとなってThe Changeコンサルタントを育成していくことが出来ます

コンサルタント資格を持った方のみ、トレーナー資格を取得できます。 コンサルタントを一人育成するごとに、講習料が発生します。

The Change

The Change Vision 3

メンタルのインフラを全国に構築していくこと

人は「心」と「体」と「頭」と「魂」の四大構成要素でできています。

体のインフラは既にたくさんあります。

リラクゼーション、接骨院、病院、スポーツジムと飽和状態なくらい「体」のインフラ化は整いました。

 

現在日本は13人に1人が精神的疾患を持っています。これは診断書を持っている方の人数で、予備軍やその手前の方を入れたら膨大な数の人間が存在します。

そんな状況にありながら、「心」のインフラは未だ確率をされてはおりません。

世の中が必要としていることなので「心」のインフラは必ず出来てきます。

 

そして、今は「心」と「体」のケアをするインフラは別々ですが、これも必ずトータルでサポートをするインフラが出来てきます。なぜかと言ったらそれは、元々一つのものだからです。そしてそこに「頭」=正しい考え方、も必要になってきます。

 

これはビジネスでも同じことで「業種は淘汰され、必ず業態だけが残ります」。

どういうことかと言うと、肉屋や八百屋や魚屋といった個々にお客さんのニーズに応えているところはいずれ衰退し、トータルでニーズにお応えをするスーパーマーケットだけが残ります。そしてそれは更に進化をし、コンビニ・宅配・ネットスーパーとなっていきます。

これが原理原則です。

 

最終的には「心」メンタルケア、「体」体の健康、「頭」正しい思考をトータルでサポートするインフラが出来ていきます。

しかし、それだけだと病院に行けば幸せになれるという話になってしまいます。

そこで人間には、もう一つの構成要素「魂」を満たすことが必要になってきます。

 

The Changeはアプリやツールでもなければ、コレクションするものでもありません。OSです。オペレーションシステムです。

情報や問題、判断をすることが来た時にどうするのかという、オペレーションをしてくれる根本です。

それを入れずに、ツールやノウハウであるアプリを集めても更に混乱をするだけです。そしてOSがインストールされていないので、更にアプリをコレクションしてしまい、また更にそのアプリ同士が干渉しあい、一人の人間の中でものすごく混乱をしています。

それが今、世の中に起きている現状です。

 

The ChangeはOSです。

そして、バージョンアップをし続け、アップデートをし続ける、進化するOSです。

これを理解できる人にまずは、集まっていただくべく今日は、講習会を開かせていただきました。

なので、無理に広げる気はありません。集める気もありません。

集めるのではなく、一人ひとりにお話をし、ご理解いただける人方が一人ひとり増え、結果として集まるのだと認識をしています。

今日は、それの第1回目です。というか0回目になります。

それは、なぜかと言ったらこれからThe Changeを一緒に作っていく仲間を今日は募集しているからです。

お客さんは募集していません。

 

最高のプログラムを作り、そしてご理解いただける方にお伝えをしていくこと。

それがThe Changeの活動です。

そしてそれを誰でも伝えられるよう、平準化をし、伝えていく方を作っていくこと。

そして、それを積み重ねた結果インフラ化となっていく。それがThe ChangeのVisionです。

 

共に活動をしていきましょう。

2.jpg
The Change

The Change 組織概要

The Change 株式会社

 

代表取締役 小楠 健志

取 締 役 片田 智也

取 締 役 伊藤 予應

資 本 金 500万円

住   所 〒432-8051 浜松市南区若林町858-6

電 話 番 号 053-449-5877

顧問弁護士 杉尾 健太郎(浜松中央法律事務所)

顧問税理士 祖父江 晃(税理士法人黎明)

取 引 銀 行 静岡銀行